-- --, --

スポンサー広告
スポンサーサイト

--.--.-- --:--
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風景写真ランキング
10 06, 2010

CarlZeiss Biogon T* 2.8/25 ZM
神奈川県横浜市みなとみらい21方面2010年10月03日17時45分30秒

2010.10.06 02:52 | Tag,風景,都市,黄昏,横浜,マニュアル
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
_DSC0836_CF.jpg
SonyNEX-5+CarlZeissBiogonT*2.8/25ZM
NEX-5とCarlZeissBiogonT*2.8/25ZMで撮ると
両サイドにマゼンタ色がかぶってしまう。
レンズの照射角のせいなのかなんなのか、とにかく困ってしまって。
と、そういえばLeicaM8でも同じような事があったな、と調べてみると、
Leicaの人たちはどうやらCornerFixというソフトを使用しているらしく。
早速仕様を見てみると、AdobeDNGならば使える、との事。ならば、と

Adobe DNG Converter
http://www.adobe.com/jp/support/downloads/dngwin.html

CornerFix 1.3.0.9
http://www.softpedia.com/get/Multimedia/Graphic/Digital-Photo-Tools/CornerFix.shtml

そのふたつのソフトをダウンロードして試してみる事に。
まず、DNGConverterはフォルダ単位でしか変換してくれないのが厄介な所。
ファイルごと選択させてくれればいいのに、そう思った。
出力自体は簡単で、そもそも日本語なのでスイスイと変換。

そしてCornerFixである。
このソフトを使うには、まず元になるRAWデータを作らなければならない。
白面を撮れ、というが最初は悩んだ。どのように撮ればいいんだ。
が、少し試行錯誤したら、理解できた。

つまり、画像素子の状態がわかればいいのだから、
ピントなどいらないのである。むしろ弊害になる。
ですのでピントは無限遠、そしてライトは最強にして撮った。
が、このライトが問題で、しっかりホワイトバランスを調整してやらないと
微妙な色加減ができず、消したい色を残したり余計な色を持っていかれてしまう。

そのファイルが出来上がったら、CornerFixでひらいてやる。
そしてLens ProfileからCreateを選び処理した後、Save asで保存してやる。
それを今度はCornerFixを再起動し上で作った.cptファイルを
Lens Profileから読み込ませ、そののち編集したい画像ファイルを開く。

それでマゼンタかぶりの補正されたファイルができあがる。

少し手間ではあるので、スナップ写真なんかでバシバシ撮るのには使えないけど
一枚一枚しっかり撮るのであれば、それほど苦にはならないかもしれない。

軽快な外見とは裏腹に、重厚な撮り方が向いているカメラなのかもしれない。
もっとも、それではこまるのですが(苦笑
スポンサーサイト
風景写真ランキング
03 07, 2010

CarlZeiss Planar T* 1.4/50 AEJ
OPTIX V5の解説2010年03月05日20時00分20秒

2010.03.07 04:56 | Tag,マニュアル
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
_MG_9020.jpg
CanonEOS5DMarkII+CarlZeissPlanarT*1.4/50AEJ
前項のRetina-Xenor50/2.8を5DMarkIIに装着するための
デッケルマウント、海外ではRetina-Mountと呼ばれているマウントアダプターですが
絞り用ヘリコイドの他にじつは、OptixV5という最新のチップが組み込まれています。
これは、絞り込みボタンを押すことによってマウントアダプターのチップに
任意の、レンズの焦点距離や絞り値を読み込ませるもので
さらにAFアジャストメントまでできる優れものであったりします。
もっとも、まだEOSマウント用しか無いようですが。

使い方は簡単で、絞り値を入力するときはまず絞り込みボタンを三回押し
メイン電子ダイヤルをまわして合わせたい数値に絞り値を決め、
再び絞り込みボタンを押して保存します。

焦点距離を入力したい場合は、まず絞り込みボタンを三回、
さらにf16に合わせて絞り込みボタンを押し、さらに設定してやります。
0はf1.4、それ以外は、例えば2ならばf2.8、8ならばf8.0とかになります。
0以外はf値の一番前の数字が適用される、というわけです。
それを四桁で入力してやります。

例えば75mmならば
DOFx3→f16→f1.4→f1.4→f7.0→f5.6です。

150mmならば
DOFx3→f16→f1.4→f1.8→f5.6→f1.4ですね。

さらにAFアジャスト機能ですが、
これはDOXx3のあとにf14で呼び出して二桁で設定する感じです。
あとは、数値が小さくなるとピントがレンズ寄りに、
多くなると遠くなるという設定方法なのですが
数値がどのレベルで影響されるのか明確な説明が無いため、
とりあえずデフォルトの50で使っています。
いずれ三脚をたててしっかり設定してやろうかな、とは思っていますが
結構時間のかかりそうな作業だな、といまから敬遠してしまっています(苦笑
AFアジャストって元々、あまり信用していなかったんですよね。
あ、でも、しっかり設定してやればこれからラクになるのか。
本当に、高機能ですなコレ。

撮影レンズはCarlZeissPlanarT*1.4/50AEJ。
コイツのマウントアダプターもOpticV5に変えてやるか
それともZEを買うか...いや、私は別に、Planarはそれほど好きなレンズでもないので
このままでいいかな、と思い直しました(苦笑

ちなみにこのOptixV5の組み込まれたマウントアダプターですが
ebayなどでOptix V5で検索すればいくつかひっかかると思います。
海外(おそらくは中国等だとは思いますが)のマウントアダプターの精度も
随分上がってきていると思うので、選択肢に入れてあげてもよいのでは、と思います。
値段も日本の高級品の何分の一かですし。
この記事のRetina-EOSマウントアダプターは送料込みで125.00USDでした。

それにしても、よい時代になったもんですね。

■Optix PCB
http://www.optixpcb.com/
OptixV5の販売元。OptixV5の解説動画もある。
チップオンリーの販売はまだ、日本にはできないらしい。
メール送ってみようかと思ったのだけど...メールアドレスが無い。
残念。
風景写真ランキング
google 翻訳
Calendar
05 | 2017/06 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

JY

Author:JY
テキトウに、主に都内とかを自転車で走りまわって写真を撮っています。写真は2005年6月くらいから撮り始めました。

Category
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
BackNunber
TAGCloud

風景  黄昏  スナップ    都市  ポートレイト  裏磐梯    豪徳寺  雪景色  夜景  向日葵    紅葉  樹木  猪苗代  五色沼  彼岸花    コスプレ  祭事  工場  雲海    市街地    五箇山  マニュアル  棚田  浅草  金沢  庭園  横浜    竹林  アメ横商店街  新宿ビル街  墓地  世田谷区  新潟  ポートレート    十日町市  スカイツリー  上野  鎌倉  九品仏  京都  川崎  ガンダム  増上寺  東京タワー  聖地訪問  駒沢公園  

LINK+LatestEentry
NowLoading...
このブログをリンクに追加する
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。