-- --, --

スポンサー広告
スポンサーサイト

--.--.-- --:--
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風景写真ランキング
02 26, 2010

CarlZeiss Distagon T* 2.8/21 ZE
東京都台東区上野御徒町駅前通り入口2010年01月31日18時35分50秒

2010.02.26 01:46 | Tag,スナップ,上野,夜景,アメ横商店街
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_2353.jpgCanonEOS5DMarkII+CarlZeissDistagonT*2.8/21ZE
写真の日付けが前後してしまって申し訳ありません。
広角レンズとしては銘玉といっていい、CarlZeissDistagonT*2.8/21です。
このレンズは、五年前にカメラをはじめたときから憧れて
EFマウントのアナウンスがあってから一年、ずうっと待ち続け焦がれたレンズで
その価格に相応しい高性能なレンズで、そのぶん扱いの難しいレンズでもあるかな、と感じる。
ほんの少しでも角度を変えると途端に絵が破綻する、そんなレンズかな。
広角レンズで撮るときは、できるだけ説明的な写真にならないように心がけるのですが
この写真は、そういう観点から見たら駄目な部類ですかね。

でも、なんとなく好きなんで、載せてみよかなと。
アメ横みたいな観光地は、なんとなくカメラむけやすくていい。

もし日曜日、雨がやんだらもう一度このレンズを持って上野に行ってみるかな。
スポンサーサイト
風景写真ランキング
03 19, 2010

CarlZeiss Distagon T* 2.8/21 ZE
東京都世田谷通り松ケ丘交番交差点付近2010年03月19日17時58分09秒

2010.03.19 19:34 | Tag,風景,都市,黄昏
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
_MG_9869.jpgCanonEOS5DMarkII+CarlZeissDistagonT*2.8/21ZE
世田谷通りというのは名前のとおり、
世田谷のほぼ中心を東西に貫くように走っていて世田谷の大切な血脈の一部なのですが
ほとんどの部分が上下二車線なので、ご覧のように日々、渋滞してしまっています。
なんとかならないのかな、とも思うのですが、側道に流れると道が細くて
また世田谷線がまずい具合に隣接しているので回避すると結局時間がかかってしまうので
選択肢はそれほど多くはなかったりします。

もっとも、地元の人間ならば抜け道はいくらでも知っているのですけど。

この松ケ丘交番近辺から北西は世田谷城のあったあたりに向かうので
必要以上に道が入り組んでいて、地元の人間でも方向感覚がおかしくなるほどです。
そういうのを目の当たりにすると、本当に真面目に城を護るために、
つまり敵を、効率的に殺傷するために苦心したのが伺えます。

それはすこし背筋が寒くなりもしますが
家族を護るということはそういうことなんだろうな、と。

レンズはDistagonT*2.8/21。
開放で使ってもコマ収差もあまり目立たず、
でも周辺減光は結構ありますねか。

まぁそれも味ってことで。
風景写真ランキング
06 06, 2010

CarlZeiss Distagon T* 2.8/21 ZE
京都府嵯峨野々宮町の竹林2010年05月30日15時33分55秒

2010.06.06 00:50 | Tag,風景,京都,竹林
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
_MG_4126.jpg
CanonEOS5DMarkII+CarlZeissDistagonT*2.8/21ZE
GW直前に自転車で通勤中にクルマにひっかけられてしまい
その時に痛めた左手首の痛みが消えず、
カメラをかまえることに苦痛を伴ってしまうという状況になっていました。

ですので、いっそのこと、
と、写真をおやすみしていました。

で、先週京都旅行に。
そこから再開、ということで。

京都はひさしぶりなので、
とりあえず観光地をまとめてまわってきました。
嵐山は人が多くて、暑くて、観光地ナイズされていて辟易とするのですが
それでも、空を見上げると日本の空があって。
そういうのもいいかな、と思いながら。
風景写真ランキング
11 02, 2010

CarlZeiss Distagon T* 2.8/21 ZE
福島県二本松市安達太良渓谷自然遊歩道魚止滝付近2010年11月02日11時49分12秒

2010.11.02 23:30 | Tag,風景,紅葉,裏磐梯
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
55368194_org.v1288707788.jpg
CanonEOS5DMarkII+CarlZeissDistagonT*2.8/21ZE
安達太良渓谷自然遊歩道に行ってきました。
生憎の天候ではあったのだけど、
雨で濡れた椛(もみじ)や楓は妖艶で、なかなか良い写真が撮れたように思えます。

ま、それはまた後日。

写真はといえば、スローシャッターで撮る場合はおそらく
動く可能性のある被写体は予めトリミングすべきなのだろうけど
まぁ、初心者なのでご容赦を。

しかし、美しい所ではあったのだけど、
足元のぬかるみが気になって、下を向いたままの歩行が多くて。
次来るときはもっと時間に余裕を持って、ゆっくり来ようかなと。

そして今日も、件(くだん)のポンチョが大活躍。
他の人がずぶ濡れになりながら撮っているなか
ひとりだけひとつも濡れていませんでした。蒸れも皆無。
かなりお薦めかもしれません。ちょっと値段がアレなんですけどね。
風景写真ランキング
02 25, 2011

CarlZeiss Distagon T* 2.8/21 ZE
石川県金沢市兼六園手向け松2011年02月25日09時49分14秒

2011.02.25 19:37 | Tag,樹木,庭園,金沢
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

CanonEOS5DMarkII+CarlZeissDistagonT*2.8/21ZE
兼六園は日本一、といっていいほどの美しさを誇る庭園だと思っていて
私はこの庭園のためだけに、金沢に寄って時間を作ったりします。
地面の苔ひとつとっても手が入っていて、木の葉一枚一枚を丁寧に取り除いたりする姿をみると
感動というのはこういう細かな配慮からうまれるのだと、改めて感じさせられます。
私はそんなことをしている場所を、他に一箇所しか知りません。

その、最たるものが雪吊りで、
この作業の細やかさ、丁寧さはやはり、感嘆に値すると思います。

それを、私のテイストで撮ってきました。
といってもじつはリベンジで、かなり前に他の道具で撮ったのですが納得いかず
そのためだけに、このCarlZeissDistagonT*2.8/21ZEを買いました。
で、使いこなせるようになってやっと、納得いく絵が撮れました。

このあと、時雨亭で抹茶を頂き、
平日であったので客が私ひとりであったのをいいことに
普段公開しない部屋や、庭園などを案内して頂きました。
かよってると、いいこともあるもんですね。

その素晴らしさは、またいずれ。
今回は素晴らしさにほだされて、ほとんどマトモに撮れていませんでした(苦笑
これじゃあ、ダメなんですよね。

もっとも、これでまた金沢へ行く理由ができたわけなんですが...
風景写真ランキング
09 09, 2011

CarlZeiss Distagon T* 2.8/21 ZE
東京都世田谷区桜三丁目方面2011年09月04日17時08分04秒

2011.09.09 00:42 | Tag,風景,都市
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
_MG_182105.jpg
CanonEOS5DMarkII+CarlZeissDistagonT*2.8/21ZE
あまり同じ風景は載せたくないのですが、
絵筆の違いというのをたまには、とも思いまして。

いつも使っているAdobeBridgeをクリックミスして画面がごちゃごちゃになって
なんとなく直そうと四苦八苦しているうちに「画面方向」という項目が。
簡単にいうと「縦写真=ポートレイト」「横写真=ランドスケープ」と
二種類に写真が分別されるだけなのですが、このランドスケープという単語が気になって。

で、調べてみると

ランドスケープ - Wikipediaより抜粋
ランドスケープ(Landscape)は、景観を構成する諸要素。ある土地における、資源、環境、歴史などの要素が構築する政治的、経済的、社会的シンボルや空間。または、そのシンボル群や空間が作る都市そのもの。
しばしば風景、景観、景域、造園、造景と訳されることが多いが、もとは風景「画」を意味していて、これは画家が風景や景観をつくるという意味ではなく、ある視点を選んで空間を解釈しているという意味であった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%97

と、なにかわかったような、わからないような。
まぁ、文言なんていうものはその時代で意味もかわってくるわけだし
そんなにこだわっても意味は無いな、と。
ただ、天下のAdobeがランドスケープという単語を
単なる「横向きの写真」という意味にしてしまうのは少し勿体無いな、と思いまして。

そのランドスケープ=横写真ですが、それこそ、広角レンズの真骨頂。
ありきたりな構図ではありますが、だからこそ被写体を選ぶのだと思います。
風景写真ランキング
10 30, 2011

CarlZeiss Distagon T* 2.8/21 ZE
福島県裏磐梯秋元湖2011年10月30日06時06分25秒

2011.10.30 23:59 | Tag,風景,黄昏,裏磐梯
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
_MG_1423.jpg
CanonEOS5DMarkII+CarlZeissDistagonT*2.8/21ZE
友人と、裏磐梯に行ってきました。
風景写真ランキング
11 05, 2011

CarlZeiss Distagon T* 2.8/21 ZE
福島県耶麻郡猪苗代町中ノ沢温泉2011年10月30日14時09分39秒

2011.11.05 00:00 | Tag,風景,裏磐梯
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
_MG_2032.jpg
CanonEOS5DMarkII+CarlZeissDistagonT*2.8/21ZE
しかしその流木が絵になってくれることもあるので。
つまり写真というのは、状況をどのように生かしていくか、
ということに尽きるんじゃないかと思うのです。

私は物凄くポジティブな人間なので、
どんな状況下でも楽しんで、なんとか写真にしてしまったりします。
その性格の部分だけは、写真に向いているんじゃないかなと感じることがあります。
もっとも、それ以外は。まず、大雑把で..。.

なにかのアニメでありましたが「良いこと探し」。
あれができれば、どんなときでも写真は撮れるんじゃないかな。
風景写真ランキング
11 11, 2011

CarlZeiss Distagon T* 2.8/21 ZE
福島県猪苗代町達沢不動滝周辺2011年10月30日15時57分44秒

2011.11.11 04:48 | Tag,風景
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
108065876_org.v1320954380.jpg
CanonEOS5DMarkII+CarlZeissDistagonT*2.8/21ZE
居場所、という概念が自分のなかにあって、
雨宿りできる場所があると、安心する。
逃げ場、という後ろ向きな言い方もできるのだけど
そんなところから雨の降る風景を眺めるのが好きです。

安心というのは、そういう場所でしか得られないものなのかもしれない。
風景写真ランキング
12 13, 2011

CarlZeiss Distagon T* 2.8/21 ZE
栃木県日光市小田代ヶ原2011年12月11日06時58分05秒

2011.12.13 01:27 | Tag,風景,黄昏,雪景色
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
_MG_4461.jpg
CanonEOS5DMarkII+CarlZeissDistagonT*2.8/21ZE
日が昇って、美しかった。
それなのに、それを他人を眺めるように、眺めていた。
人は死の極限であっても、美しいものを美しいと感じるのだろうか。
そんなことばかり、考えていた。

ここは生命を拒絶した、極寒の世界。

たぶん、晴れて日が照っていてもその下(もと)で人は平然と死ぬんだろうな
そんな当たり前のことを今日、実感として理解した。
風景写真ランキング
google 翻訳
Calendar
02 | 2017/03 | 03
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Profile

Author:JY
テキトウに、主に都内とかを自転車で走りまわって写真を撮っています。写真は2005年6月くらいから撮り始めました。

Category
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
BackNunber
TAGCloud

風景  黄昏  スナップ    都市  ポートレイト  裏磐梯    豪徳寺  雪景色  夜景  向日葵    紅葉  樹木  猪苗代  五色沼  彼岸花    コスプレ  祭事  工場  雲海    市街地    五箇山  マニュアル  棚田  浅草  金沢  庭園  横浜    竹林  アメ横商店街  新宿ビル街  墓地  世田谷区  新潟  ポートレート    十日町市  スカイツリー  上野  鎌倉  九品仏  京都  川崎  ガンダム  増上寺  東京タワー  聖地訪問  駒沢公園  

LINK+LatestEentry
NowLoading...
このブログをリンクに追加する
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。