-- --, --

スポンサー広告
スポンサーサイト

--.--.-- --:--
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風景写真ランキング
02 28, 2010

CarlZeiss JENA MC FLEKTOGON 2.4/35
未来と悠貴の家2010年02月28日17時29分29秒

2010.02.28 20:32 | Tag,風景,都市,黄昏,聖地訪問
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
_MG_8917.jpg
CanonEOS5DMarkII+CarlZeissJENA MC FLEKTOGON2.4/35
東京マグニチュード8.0というアニメが昨年深夜に放送されていて
主人公の姉弟がお台場から、地震で破壊された都内を徒歩で
世田谷の家へ帰るというストーリーだったのだけど、
その、帰るべき家も実在していて、私の勤め先の傍であったりします。
そういう意味で、色々感情移入しながら視聴していました。

ここは、本当に夕焼けが綺麗に見える場所で
私はよく仕事が終わってからサイクリングがてら、
カメラを持ってここいらを流していたりします。

レンズはCarlZeissJENAの銘玉FLEKTOGON2.4/35。
ゼブラではない、その後継機のタイプです。
今更語ることもない超人気のレンズなのですが
APS-Cでケーキやスイーツを撮った写真がネットには多いですよね。
私もこのレンズではそういったものを撮ることが多い気がします。
ただ、フルサイズだとやはり若干周辺が甘いかなと思うので
このレンズはAPS-Cでの標準レンズとして使うべきかなと思います。
写りはシャープでもあり、それでいて色彩豊かな気がします。
ピントもつかみやすく、本当に使い易いレンズです。
逆光性能は、さすがにT*コーティングされた現代レンズには劣りますが
同時期に発売されていたSummicron35や50の1stに比べると格段に強いと感じています。
この構図をSummicron35mmf/2.0で撮ったら、ちょっとキツいだろうなと。
この性能と人気のせいで、中古市場の値段が高騰し続けていますが、
改めて使ってみると「ナルホド」と納得させられます。
スポンサーサイト
風景写真ランキング
02 28, 2010

Canon EF70-200mm f/2.8 L IS USM
新潟県十日町市峠方面2009年10月10日5時53分34秒

2010.02.28 06:56 | Tag,風景,雲海,棚田,新潟,十日町市
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_2532.jpg
CanonEOS5DMarkII+EF70-200mmf/2.8L IS USM
棚田で有名な十日町市の通称・星峠の棚田での写真です。
深夜に東京を出て、4時間程度で着いた記憶があります。
棚田を撮るための旅行でしたが、目の前に現れた雲海にあてられてそればかり撮ってました。

ちょうどこの頃は少し機材に傾斜してしまっていて、帰ってきてから反省しまくりましたね。
カメラという趣味は、ここらへんのバランスの取り方が難しいな、といつも思います。
この旅行ではあまりよい写真が撮れず、いずれもう一度とは思っていますが。
そのかわり、といってはなんですが、たべものがとにかく美味かった。

EF70-200mmf/2.8L IS USMは周辺減光や色収差など、欠点はたくさんあるのですが
その写りと使い勝手のよさは特筆に値すると思います。
新しいレンズも気になるのですが、お値段がちょっと...手が届きそうにありません。

とか書いていて、気がついたら手元にあることが...(苦笑
風景写真ランキング
02 28, 2010

Leitz Summicron-R 50mm f/2.0 (2nd)
東京都港区麻布狸穴町方面2009年09月23日16時09分24秒

2010.02.28 05:09 | Tag,風景,都市,東京タワー,市街地
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_1152.jpg
CanonEOS5DMarkII+LeitzSummicron-R50mmf/2.0(2nd)
おそらくは夜景のほうが、ずっと綺麗なのかもしれないけどなぜか
私は東京タワーは日中の風景のほうが好きだったりします。
なにか、昭和を感じる気がして。

写真というのは、他人に見せるため、感動を伝達するために撮るというのが本分であると思うけど
それ以外にも例えば、自らの感動を描き記すという作用であったり
つまり後世、というと大げさかもしれませんが、
あとで見る事ができるというのが基礎にあるんじゃないかと。
特に私は目があまり良いほうではないので、此の様に写真に撮ってあとで見ると
自分の目では見えない部分も見ることができて、とても楽しい。

そういう用途での撮影ならば、
このLeitzSummicron-R50mmf/2.0(2nd)の右に出るものはいないかもしれない。
とにかくシャープで、恐ろしいまでの解像度。
このレンズで撮った写真が、いちばん楽しめる気がする。
これを撮ったのは夏だけど、もっと寒い、空気の澄んだ時期に撮ってやればよかったかな。

いまからで間に合うだろうか。
今冬のうちにもう一度、行ければいいな。
勿論、このレンズを携えて。

そして余談ではありますが、私はSummicron-R50mmf/2.0の
1stを二本、2ndを一本所有していて何度か撮り比べをしましたが
結局違いを見出すことはできませんでした。
風景写真ランキング
02 28, 2010

Leitz Summicron-R 35mm f/2.0 (1st)
東京都増上寺西向観音2009年08月08日16時11分54秒

2010.02.28 03:07 | Tag,風景,スナップ,増上寺
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_9160.jpg
CanonEOS5DMarkII+LeitzSummicron-R35mmf/2.0(1st)
増上寺の裏手のあたりには子供のお地蔵さんがたくさんいる。
その手にはかざぐるまを持っていて風が吹くとカラカラとまわり、もの悲しさを一層かきたてる。
一応、子育て地蔵であるらしく、子育てを祈願して、ということになっているけど
入り口に掛かっている絵馬を読んでみるとやはり、水子供養なんじゃないかな、と思う。
その内容にはおそらく賛否両論あるだろうけど、なかには目頭が熱くあるものもあり
ひとの人生というものをあらためて考えさせられる。

レンズはLeitzSummicron-R35mmf/2.0(1st)。
もうちょっと絞るなりピントを手前のお地蔵さんに持ってくればよかったのだけど
もしそうしたら、それはそれでまた不満が残ったかもしれない。ここらへんはやはり、難しい。
このレンズ、近接したものを撮ると不満が残る事が多い。
逆に引いた、所謂風景写真を撮るとシャープでよい絵が写せる。
2ndも欲しいなと思いつつ、まだなかなか良いものに出会えないでいる。
というか、高くて手が出せないというのが本音。
ただ、逆光には弱いけどそれ以外にはほとんど不満がなかったりするので
無理して買う必要も無いかな、とも思っている。
風景写真ランキング
02 27, 2010

Conan EF24-70mm f/2.8 L USM
福島県猪苗代湖周辺2010年01月09日9時34分53秒

2010.02.27 18:35 | Tag,風景,雪景色,猪苗代
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_1123.jpg
CanonEOS5DMarkII+EF24-70mmf/2.8L USM
私は裏磐梯周辺が好きで、深夜高速バスに乗り込んで行ったり
友人に運転して貰ってレンタカーでかけずりまわったりします。
このときは、深夜新宿発のバスに乗り込んで早朝四時半に猪苗代に。
そこから街並みなんかを撮りながら猪苗代湖まで何時間もかけて歩いた。
横から雪が降るような悪天候ではあったのですが、
足跡ひとつない雪道をひとりで歩いているのは
雪がほとんど降らない東京育ちの私にとってはとても贅沢に感じられて。

この写真はその中途で。

私は街中での風景写真を撮るときは
できるだけ歪曲収差を減らしたいので単焦点を使うのですが
自然のなかではそれほど気にせず、純正のズームレンズを使ったりします。
だいたいこのレンズの他にEF16-35mmf/2.8L II USMと
EF70-200mmf/2.8L IS USMの計三本を持ち歩きます。
これで3kgもあるんですが我ながらよく持ち歩くな、と思うのですが
ま、100%撮影メインでの旅行なんでそれに対して不平を言っていたら本末転倒ですから。
風景写真ランキング
02 26, 2010

Rodenstock Rodagon-N 60mm f/4.0
東京都世田谷区岡本一丁目付近2009年11月14日16時34分05秒

2010.02.26 19:27 | Tag,風景,都市,黄昏,世田谷区,市街地
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_7930.jpg
CanonEOS5DMarkII+RodenstockRodagon-N60mmf/4.0
RodagonNは俗に謂う引き伸ばしレンズで、つまりフィルムを撮るレンズなわけです。
故に各収差が良好に補正されているので、風景写真にはもってこいではないかと使ってみました。
結果は、歪曲もほとんど無く素晴らしい写りをしてくれるのですが、
どうも色域に乏しい気がします。暗部ももうちょっと粘ってくれたらなぁ、と。
とくに階調は、風景ではそれほど気にならないのですが、
ポートレイトなんかで使うと肌色の階調に物足りなさを感じたりします。
この写真も、そういえば、夕焼け空の階調がもうちょっと、という気もします。
ただ、引き伸ばしレンズといっても現代のコーティングをされているので
逆光性能なんかはかなり高いという印象を持ちました。

もっとも、あくまで印象ですので、参考程度にして頂ければ。
風景写真ランキング
02 26, 2010

CarlZeiss Distagon T* 2.8/21 ZE
東京都台東区上野御徒町駅前通り入口2010年01月31日18時35分50秒

2010.02.26 01:46 | Tag,スナップ,上野,夜景,アメ横商店街
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_2353.jpgCanonEOS5DMarkII+CarlZeissDistagonT*2.8/21ZE
写真の日付けが前後してしまって申し訳ありません。
広角レンズとしては銘玉といっていい、CarlZeissDistagonT*2.8/21です。
このレンズは、五年前にカメラをはじめたときから憧れて
EFマウントのアナウンスがあってから一年、ずうっと待ち続け焦がれたレンズで
その価格に相応しい高性能なレンズで、そのぶん扱いの難しいレンズでもあるかな、と感じる。
ほんの少しでも角度を変えると途端に絵が破綻する、そんなレンズかな。
広角レンズで撮るときは、できるだけ説明的な写真にならないように心がけるのですが
この写真は、そういう観点から見たら駄目な部類ですかね。

でも、なんとなく好きなんで、載せてみよかなと。
アメ横みたいな観光地は、なんとなくカメラむけやすくていい。

もし日曜日、雨がやんだらもう一度このレンズを持って上野に行ってみるかな。
風景写真ランキング
02 26, 2010

Leitz Elmarit-R 35mm f/2.8 (2nd)
東京都新宿区新宿ルミネ口方面2010年02月25日19時59分57秒

2010.02.26 00:28 | Tag,風景,都市,夜景,新宿ビル街
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
LeitzElmarit35mmF2.8(2nd)
CanonEOS5DMarkII+LeitzElmarit-R35mmf/2.8(2nd)
LeitzElmarit-R35mmf/2.8というレンズは
f1.4のSummilux、f2.0のSummicronに次いで三番手で
結局、ラインナップからはずされていなくなってしまったらしい。
つまり、価格的にもプアなレンズで、たしかにレンズを見てみても
キヤノンの大口径Lレンズを見慣れてると、頼りないくらいに小さくて。
ちなみにこのレンズは新宿の新宿中古カメラ市場で、
銅鏡は綺麗だけどヘリコイドに粘りがありヘアラインのあるものを安く買ったものだ。
買ったあと整備するのを忘れて防湿庫に放り込んでおいたものを今日、
チェックもせずに持ち出してみて、ピントあわせにものすごく苦労した。

が、写りは丹精で、ライカの弱点だと個人的に思っている逆光性能の悪さが
この場合はよい方向に出ていて、中心の繁華街が幻想的な光に包まれてくれた。

今週末は天気が悪いそうなので、
部屋にこもって、コイツにグリスでもさしてやろうかと思う。
風景写真ランキング
google 翻訳
Calendar
02 | 2010/02 | 03
sun mon tue wed thu fri sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Profile

Author:JY
テキトウに、主に都内とかを自転車で走りまわって写真を撮っています。写真は2005年6月くらいから撮り始めました。

Category
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
BackNunber
TAGCloud

風景  黄昏  スナップ    都市  ポートレイト  裏磐梯    豪徳寺  雪景色  夜景  向日葵    紅葉  樹木  猪苗代  五色沼  彼岸花    コスプレ  祭事  工場  雲海    市街地    五箇山  マニュアル  棚田  浅草  金沢  庭園  横浜    竹林  アメ横商店街  新宿ビル街  墓地  世田谷区  新潟  ポートレート    十日町市  スカイツリー  上野  鎌倉  九品仏  京都  川崎  ガンダム  増上寺  東京タワー  聖地訪問  駒沢公園  

LINK+LatestEentry
NowLoading...
このブログをリンクに追加する
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。