-- --, --

スポンサー広告
スポンサーサイト

--.--.-- --:--
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風景写真ランキング
01 30, 2011

WOLLENSAK RAPTAR 2.04(51MM) f/1.5
福島県猪苗代湖周辺2011年01月29日15時17分38秒

2011.01.30 22:33 | Tag,猪苗代
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
66039602_org.v1296394653.jpg
SonyNEX-5+WOLLENSAK RAPTAR2.04(51MM)f/1.5
猪苗代湖の天神沼キャンプ場周辺には、
強風で飛散した猪苗代湖の水が周辺の樹木を凍らせ
神秘的な樹氷を形成する、所謂飛沫氷がある。

もっともこれは、ここ数年ほどで有名になっただけらしく
それまでは地元のひともよく知らないものだったのですが
写真集などが発売されて有名になり、いまは幟がたつほどになっていたりします。

じつは去年も撮りには来ていたのですが、
むしろ飛沫氷よりまわりの風景に気持ちがいって
飛沫氷はほとんど良いものが撮れませんでした。

今年もむしろ、そのまわりの、名もない沼なんかを撮ろうと思って行ったのですが
今年は積雪が多く、また時期も去年とは多少違っていたために
撮りたいもののほとんどは雪に埋没してしまって。

そのかわり、飛沫氷は去年よりもよくて
いくつか、納得できるものが撮れました。

こういうものは、誰が撮ってもこう撮れるのかもしれない、とも思っていたのですが
なんかやっぱり、自分の色みたいなものは出るようですね。
スポンサーサイト
風景写真ランキング
01 30, 2011

Canon EF70-200mm f/2.8 L IS USM
福島県裏磐梯桧原湖上空の月2011年01月29日6時34分59秒

2011.01.30 21:40 | Tag,裏磐梯,
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
_MG_1829.jpg
CanonEOS5DMarkII+EF70-200mmf/2.8L IS USM
月夜が綺麗だったので。
いつでも撮れる気がするし、事実そうなのかもしれないけど
それでも、綺麗でシャッターを押さずいることができませんでした。

これが、この日はじめて撮った写真という皮肉が

まわりにある、さまざまなものにもう一度目を向けてもいいかもしれませんし
また、そういう機会をたくさん持つべきなんじゃないかと、そう思わせてくれました。
風景写真ランキング
01 30, 2011

Canon EF70-200mm f/2.8 L IS USM
福島県裏磐梯弁天沼2011年01月29日08時25分51秒

2011.01.30 16:44 | Tag,風景,雪景色,裏磐梯,五色沼
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
_MG_1887.jpg
CanonEOS5DMarkII+EF70-200mmf/2.8L IS USM
道中、弁天沼で小休止。
敷物を敷いて、靄のあがる沼を見ながら、お茶をしました。
お茶といっても、ペットボトルのお茶ですが。
調理道具を持って行ってみようとも思うのですが、
それならレンズを増やす方向に天秤が傾くのが残念なところ。
10kg痩せれば、10kg荷物が増やせるのですが。

そうだ、減量をしよう。

まぁ、できたら苦労はしないんですよね。
でも、PRIMUSのケトル&パンで260g、ナノストーブが64g
それにガスが110g...スペースさえ確保できれば、可能ではあるんですよね。
でも、スペースが。

いま、撮影には(こんなところでも)アーバンディスガイズ60Var2.0を使っているのですが
もし、もうちょっと使い勝手のよいカメラバッグがあれば...
あ、でも撮影には使いやすいんですよ、シンクタンクフォト。
旧版から買い換えた、ヘビーユーザーであります。

ま、どんなお茶でも、この風景ならば。
風景写真ランキング
01 30, 2011

CarlZeiss Biogon T* 2.8/25 ZM
福島県裏磐梯母沼2011年01月29日07時09分51秒

2011.01.30 15:10 | Tag,風景,雪景色,裏磐梯,五色沼
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
_DSC2662.jpg
SonyNEX-5+CarlZeissBiogonT*2.8/25ZM
裏磐梯の五色沼は、紅葉のシーズンはとても美しくあるのですが
同時にその樹木が邪魔をして、沼そのものにはなかなか近寄れず
そんなことが多いので、惜しいなと思うことがたびたび。

その点、雪の積もった時期ならば、
地面にはえた草木をそれほど気にせずに歩けるし、撮れる。
ちょっとした雪山気分も味わえますし、
私程度の初心者にはちょうどよいわけです。

もっとも今回は、最近まとまった積雪が無かったようで
枯れ枝が散乱していて、それほど綺麗ではなかったのですが
だからこそ、五色沼そのもののうつくしさに惹かれたわけで。

写真は桧原湖方面からはいるとすぐ右手にある、母沼...ですよね。
五色沼は大小の沼が混在していて、どうも名前に自信が無くて。
間違っていたら、ぜひお教え下さい。訂正致します。

沼の水は凍ることが無いようで
朝になると靄がかかり、沼が生きていることを再確認させられます。
前のエントリーで予定を載せたのですが、
この光景をみて、結局五色沼入口まで歩いたのでした。
風景写真ランキング
01 29, 2011

Canon EF70-200mm f/2.8 L IS USM
福島県裏磐梯桧原湖周辺2011年01月29日06時50分55秒

2011.01.29 23:44 | Tag,風景,雪景色,裏磐梯
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
photo/65896142_org.v1296312096.jpg
CanonEOS5DMarkII+EF70-200mmf/2.8L IS USM
また、ちょっと腰を壊してしまっておやすみしていました。
で、再開が厳寒の裏磐梯という。

今回は日帰りで、新宿からスキーバスに潜り込んでみました。

新宿22:00(3900円)→
06:00猫魔ホテル07:53(240円)→
08:02五色沼入口11:08(240円)→
11:20サイトステーション12:29(870円)→
13:20猪苗代13:20(1500円)→
13:50天神沼キャンプ場16:30(1500円)→
16:50猪苗代17:30(2340 円)→
21:35新宿

こんな予定を組んでみたのですが
猫魔ホテルに着いたのは0530でした。
そのおかげで、この絵が撮れたのでヨシとしましょう。
スキーバスは狭くてうるさくて辟易としましたが
早朝、裏磐梯に着きたいときにはいいかもしれません。

ちなみに、猫魔ホテルから桧原湖に行き、
そこから結局五色沼を縦断してしまいました。
これくらい歩ければ、腰も完治ということで。

写真は、その早朝の桧原湖の松を。
白く、霜がおりて綺麗でした。
風景写真ランキング
01 08, 2011

Voigtlander NOKTON 35mmF1.2 Aspherical
東京都武蔵野市武蔵境駅方面2011年01月03日16時31分01秒

2011.01.08 06:16 | Tag,風景,都市,黄昏
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
_DSC2625B.jpg
SonyNEX-5+VoigtlanderNOKTON35mmF1.2Aspherical
夕景ばかりで申し訳ない気もするけど、
今年の冬は、夕焼けが綺麗な日が多くて、つい。
こう色がついてくれると、撮りがいがあるのですが
だからといって、仕事もあるので毎日撮れるわけでもなく
毎日綺麗な夕焼けを眺めながら、忸怩たる思いでいるわけです。

それがこの枚数につながるわけですが
そろそろ、雪景色も恋しくなってきました。

この連休は中日に予定を入れてしまったのが悔やまれる。
が、じつは連休であると気づいたのが昨日で。

ワタクシ、じつはわりと抜けていたりします。

この写真は三鷹駅そばの友人宅から撮ったのですが
三鷹はまだ、おもしろそうなところがいくつかあるので
また行ってみようかと思います。
風景写真ランキング
01 01, 2011

Voigtlander NOKTON 35mmF1.2 Aspherical
東京都調布市つつじヶ丘駅南口方面2010年12月31日16時43分15秒

2011.01.01 04:30 | Tag,風景,都市,黄昏
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
_DSC2538.jpg
SonyNEX-5+VoigtlanderNOKTON35mmF1.2Aspherical
あけましておめでとうございます。

と、去年の二月からはじめたこのブログもそろそろ一年
という感じではあるのですが元々、クライアント用に作ったものなので
アクセス数とかそういったものには、とくにこだわりがなかったりします。

が、それだけではモチベーションも保てず
事実、半放置な状態に陥ってしまっていて
「これではいけない」と思い、どうにかしないと、と思案しまして。
で、出た結果が

「せっかく良く撮れたものを載せているので、それに見合う写真を載せることを目標にしよう」
ということでした。

私はじつはほかに、某SNSでのアカウントで写真を載せているのですが
そちらは身内だけのもので、結果、結構甘い写真も載せたりしているのです。
でも、それでは、上手くはならない。というより、緊張感が保てない。
ですので、その甘ったれた撮り方を払拭するために使おう、という感じで。

そう思い立ったのが、じつは去年の6月で、そこから随分苦労しましたね。
なんというか気持ちばかり焦ってしまって、気負ってしまって。
写真というのは本来二次的な芸術で、一次的なものに作品の質がかなり依存します。
おそらくは素晴らしい素材に出会えなかったのか、それとも見いだせなかったのか
そこらへんのバランスがじぶんのなかで取れなくなって。

ちょっと袋小路に入りそうだったのだけど、
たまたま、気晴らしに行った、友人のやっている撮影会に遊びにいったら
そこで、素晴らしいモデルさんに出会って。
もう綺麗な方で、シャッター押せば綺麗に撮れるんですよね。
そこで「あ、もっと被写体によりかかっていいんだ」と気づいて、
それで10月以降ですかね、少しずつモノにできるようになりまして。

というか、やはり被写体なんですよね。
そう、裏磐梯に行ったときに思いまして。

ですが、いくら裏磐梯に行っても、裏磐梯に住んでるひとにはかなわないのです。
それは、当たり前の事。それならばどうするか。
やはり自分の住んでいる場所、よく知っている場所、
そういうところのよさ、美しさ、そういうものを見つけて撮っていくべきではないか。
そう感じはじめて、都会であったり、街並みであったり、
そういう部分に目を向けるようにしはじめました。

東京には東京の、美しさがある。
そう思って、この写真を撮りました。
夕景に関してだけは、自然の風景よりもこちらのが勝るのでは、
と思うことが、じつは多かったりします。

評価(拍手)には反映されていませんけどね。
でもいいんです。自分が好きなんですから。

と、このようにこれからも自分勝手に色々撮ってはいくと思いますが、
本年度も、どうぞ宜しくお願い致します。
風景写真ランキング
google 翻訳
Calendar
12 | 2011/01 | 02
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Profile

JY

Author:JY
テキトウに、主に都内とかを自転車で走りまわって写真を撮っています。写真は2005年6月くらいから撮り始めました。

Category
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
BackNunber
TAGCloud

風景  黄昏  スナップ    都市  ポートレイト  裏磐梯    豪徳寺  雪景色  夜景  向日葵    紅葉  樹木  猪苗代  五色沼  彼岸花    コスプレ  祭事  工場  雲海    市街地    五箇山  マニュアル  棚田  浅草  金沢  庭園  横浜    竹林  アメ横商店街  新宿ビル街  墓地  世田谷区  新潟  ポートレート    十日町市  スカイツリー  上野  鎌倉  九品仏  京都  川崎  ガンダム  増上寺  東京タワー  聖地訪問  駒沢公園  

LINK+LatestEentry
NowLoading...
このブログをリンクに追加する
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。